◆私が社会保険労務士を目指したきっかけ
 初めは自分や家族のため。
 父の年金の請求手続きをすることになり、その時に、制度を知らないことで損することがあるのではないか?と思ったのがきっかけ。仕事で労務や税務をやっており、
もっと深く専門的に知識をつけたかったので、すんなり勉強を始めることができた。今では「知らなかった」を無くせるようなアドバイザーになりたいと強く思う。

◆私の勉強方法
 工藤先生の講座は、インプット、アウトプット、とにかく量がものすごい。愛情たっぷりの精選問題集ではムチでたたかれっぱなしだが、信じてやればやるだけ力と自信になった。
 講義動画&テキスト、のあとはひたすら精選問題集。各科目最低3回は解いた。つまずいたらテキストに戻る。何回読んだかわからない。
 間違いノートを作った。何度も間違えてしまうところなどをイラストや表で自分なりにアレンジしたり、単語だけでもいいのでメモをしたり、最終チェックをするときにとっても役に立った。実際本試験のときはこのノートだけを持参した。
 講義の中で、勉強は「本試験の1か月前」を想定して計画していく、と何度もおっしゃっており、それを実行した。本試験1か月前に行われた模試では選択式は30点前半、択一式では50点後半という仕上がりだった。しかし、労働一般常識だけは点数が足らず、おかげで残された日数でやるべきことが明確になり、それだけに集中することができた。

◆勉強時間について
 仕事は辞め、勉強専念型。
 1週35~40時間、超直前期は1週60時間近く。
 スタディープラスという勉強記録ができるアプリはおススメ。

◆LEC佐世保校を利用して良かったこと
 勉強ブースが予約制だったため、サボりたい気持ちを押さえて半ば強引に気持ちを奮い立たせ、通わざるを得ない状況が作れた。
 通信だと勉強中は孤独になりがちだが、学校ではいつも声を掛けてもらい、楽しく過ごせた。
特に直前期は不安と焦りで気分も張りつめていたので、たくさん助けてもらった。ありがとうございました。

◆これから社会保険労務士を目指される方へ
 投げ出したいとき、サボりたいとき、「今ここで手を抜いて、この1年をふいにしてしまったら?」と考えるとおそろしくて、もうちょっと頑張ろうとまた机に向かっていました。
今、合格証書を手にして思うことは、やはり簡単に合格できるような試験ではない、私には合格しかないという折れない心とストイックに努力をしてきたからこそ、わずかな運を引き寄せたんだなということです。
 最後に、私は特別でもなんでもありません。諦めなければ叶います。絶対合格を勝ち取ってください!
IMG_4246




































☆★☆★1月イベントのお知らせ☆★☆★☆
1/13 日野校 公務員トライアル模試
1/13 広田校開校!   個別相談会開催!! ラッキーおみくじ抽選会同時開催!!
1/14 佐世保駅前校 公務員トライアル模試
1/17 日野校 現役合格者による合格者座談会 第1回 ①17:00~  ②19:00~
1/17 佐世保駅前校 宅建士初学者向けガイダンス 16:00~
  「不動産業だけじゃない!万能な宅建士資格!宅建士資格取得で仕事の選択肢が広がります」
1/19 日野校 現役合格者による合格者座談会 第2回 ①17:00~  ②19:00~
1/21 佐世保駅前校 司法書士ゼミ式勉強会  13:00~14:30
1/24 佐世保駅前校 宅建士初学者向けガイダンス 19:00~
  「宅建士一発合格!努力は短期、資格は一生! ~必勝作戦はここにある!~」