9月に入り、国家一般職の各省庁の内定も決まり始めました。
佐世保駅前校でも、人事院面接合格した受講生は進路が決まりました。
その中の一人、益田くんの合格体験記を一部抜粋してお伝えします。

*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:
 
最終合格先:国家一般(行政九州) / 財務専門官 / 長崎県庁(行政)
内定先:長崎税関 / 長崎県庁 / 九州公安調査局

LEC受講コース: 地方上級・国家一般職コース
LEC受講校:佐世保駅前校


①志望官庁を目指した理由
税関職員の方と話をしたことから、その業務に興味を、
国家一般職を目指し始めました。勉強しながら説明会に参加する中で、
国家一般職、税関以外に興味のある職種、官庁に出会うことができました。


②LECを選んだ理由
LECを選んだ理由は自分のペースで勉強できるスタイルだったからです。
倍速で受講することでインプットを早く終えることができることで
過去問演習などアウトプットの量を多くとることが出来るなどから
LECに決めました。

③LECのカリキュラムの良かった点・活用方法・学習方法
一方的かつ限られたコマ数の授業の中で、
出るところだけを丁寧に説明していただけます。
したがって、独学よりもインプットの効率がよかったと思います。

④LECの教材(テキスト、問題集、レジュメなど)の良かった点
過去問集を選ぶ基準として解説がしっかりしているということが重要だと思います。
その点クイックマスターは専門系科目に関しては解説がくどいくらいしっかりしています。
また、私は過去問には、問題を解かずに一つ一つ選択肢と解答を照らし合わせるという方法で
取り組んでいたので、QMの問題と解答が同じ見開きにあるスタイルは助かりました。

⑤面接試験対策・官庁訪問対策(人事院面接対策・リアル面接についてなど)
面接対策において最も重要な自己分析には早めに
深く取り組むべきだと思います。いくつか本番の面接を受けましたが、
業務内容をしっかり知っているかということよりも、
どんな人間なのかを重視されていると感じました。
私は筆記前に軽く自己分析をやって安心していたら、
一次試験後いざ面接対策となったときに浅すぎて使い物にならなかったので、
じっくり取り組んでおいてほしいと思います。
あとはできるだけ本番の面接を多く受けることが大事です。
本番は実際に自分の人生がかかっているということで全力で臨むことができます。
模擬面接は、気恥ずかしさから笑顔ではきはき話すということが出来なかったので、
話す内容や形式的な作法などを覚える場として活用していました。
ただ笑顔ではきはき話すことは必須ですので、私の場合鏡で自分の笑顔を確認したり、
県庁は一次リセットとか言ってますが、おそらくかなり加味しているので、
建前にだまされずにしっかり一次で点数を取りましょう。


⑥合格までの道筋(月別学習方法、~12月迄、1月~3月、試験直前期の勉強方法など)
私は試験前年の11月半ばから通い始めました。
年内に主要科目の受講を終わらせることを目標に一日3つ受講して、
受講後は該当箇所のクイックマスターに取り組んでいました。
年が明けてから四月までは午前中に数的・資料解釈・文章理解、
午後は受講・過去問演習というスタイルで勉強していました。
四月からは直前期までは午前中は変わらず、
午後は主要科目を2グループに分けて日替わりで取り組んでいました。
また自宅に帰ってからは教養科目などの重要度の低い科目に取り組んでいました。
過去問の取り組み方は、その周回の仕方に注意があります。
最初から最後までやってまた戻るといった方式でやっていると、
最初のころにやったものはおそらくほとんど忘れてます。
なので、取り組んだ問題は次の日にすぐ復習して欲しいと思います。

とにかく量と質が大事です。
「これで充分」ということはないのでひたすら勉強して欲しいと思います。





公務員試験、最終合格しないと意味がない!
受験生のみんな!最後まで!やり抜こう!


資格試験・公務員試験へのお問い合わせはこちら

佐世保駅前校 0956-22-8623
(月13:00-22:00 火-金9:30-22:00 
土9:30-21:00 日祝9:30-19:00
長崎県佐世保市白南風町5-15-2階

HP⇒http://www.lec-jp.com/school/sasebo/